婿殿は地縛霊

「婿殿は地縛霊」の感想レビュー

【婿殿は地縛霊】は【事故物件x留学生】のスピンオフ?!

「婿殿は地縛霊」を今すぐ読む

>>サンプル画像を確認する

以降、管理人の感想・レビューが中心となっていますが、

多少のネタバレを含みますので【ネタバレNG】の方は公式サイトのサンプル画像でご確認の上、即読みをおすすめします!

 

『婿殿は地縛霊』感想とレビュー☆

 

地縛霊というタイトル…。

もちろん、ホラー系でしょうね~。

そう思って読み始めました。

ヨールキ・パールキの作品はM要素多めの幽霊や神など、人間外が登場する作品が多いですからね♡

今度はどんな感じかな??

あんまりグロい系は苦手なんだけど…。

と思いましたが、とんでもない!!!

全然グロくないです(笑)

 

むしろ地縛霊である伯爵がちょっとキュート(…だいぶんキュート♡)で、骸骨という外見を裏切る展開でした。

 

前半、オナニーシーンが多め

M系女子には共感できる点が多かったですね。

親の居ぬ間に、様々な道具を使って性欲を解放する当たりが、

「分かる~!!!」

って感じです。

 

地縛霊が現れてからは、地縛霊の望み通り、精力を増し増しにして

見られる自慰行為に興奮していきます。

 

その後、徐々に地縛霊の骨に肉付けされていって、

念願叶って、触れてもらえるのです。

 

それまでの見られている興奮から

実際に伯爵に触れてもらえるようになる幸せ…。

 

それまでの展開で地縛霊がとっても紳士的で優しいことが分かっていますから

待ちに待った時ですよね~。

もうそれまでに愛がうっすら芽生えていましたから…。

 

エロシーンは流石の描写で、オナニーシーンもセックスシーンもめっちゃいいのですが、

ストーリーとしては純愛なんですよね~♡

こういうところがヨールキパールキに女性ファンが多い理由だと思うんです。

そして、

ハッピーエンドで読了感もめちゃめちゃいいです♡

タイトル、「婿殿」ですからね!予想通りの素敵な展開です♪

 

また、この作品のヒロイン、ニーナは

「事故物件x留学生」のヒロイン、サーニャの妹なんですよ。

 

公式サイトに、「※『事故物件×留学生』の主人公の妹のお話ですが前作を未読でも問題のない仕様になっております。

と書いてあったのですが、それを見逃していて

全然先入観なしで読んだので、

「あっ!えっ!あ~。そうなんだ♡」

ってちょっとうれしくなりました♡

 

ヨールキパールキファンで、全作品を読んでいる管理人としては

自分でその関連性に気付けたという満足感♡

読んでてよかったなぁ~♡って(笑)

 

ヨールキパールキを一作読んでもらえると、その良さが分かると思うので

ぜひ読破していただきたいですね。

 

M気質強めな人は読まない理由が見当たりませんよ♡

ぜひ、お試しくださいませ♪

「婿殿は地縛霊」を今すぐ読む

 

『婿殿は地縛霊』あらすじ

公式あらすじ

留守番を任された自宅の屋敷は地元では有名な幽霊屋敷だった

恐怖を紛らわせる為、オナニー三昧の日々を送っていると

霊障の根元が姿を現し肉体を取り戻す協力を求めてきた

幽霊と住人の不思議な協力関係から生まれる不思議な感情…

伯爵は肉体を取り戻せるのか…その先にあるものは―――

プレイ内容

オナニー・玩具・ホラー・野外

作者、ヨールキ・パールキとは?!

ヨールキ・パールキとは、露々々木もげら先生を中心とする、同人サークル(※)です!

繊細に書き込まれたイラストと独創的なストーリーで大人気のサークルなんです!

そして、前述したようにM要素強めの可愛い女の子が登場することが多くて

エロ漫画のジャンルでありながら、女性ファンが多いのも特徴です♡

同人サークルとは、同じ趣味・志を持っている個人が同人作品を製作するために結成されたサークル(団体)のことです!

ヨールキ・パールキの作品たち

S家に嫁いだM嬢の日常

軍隊式性欲管理

孕み神と憑かれた姪

婿殿は地縛霊

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

夜な夜な学園の怪奇たちとドスケベしちゃう少女のお話

シャルトリューズ国立科学研究所 Vol.1 博士と助手とお友達

冷蔵子ネムの不機嫌な理由

エロ漫画と言えば、発売された瞬間にグッと売上が伸びて、その後一気に下火になる傾向があるのですが、

ヨールキ・パールキ作品は過去作もずーっとランクインし続けているという、

ロングラン傾向にあります。

恐らく、新作の発表でヨールキ・パールキの作品を目にした方が

過去作も全部買っちゃうのでは???と思ってます。

だって、1つ読んだら過去作も読んでみたくなりますからね…。

ぜひ、過去作も合わせてチェックしてみてくださいねっ!

 

「婿殿は地縛霊」を今すぐ読む

error: Content is protected !!